スタッフ紹介

ごあいさつ

当バッティングセンターは、1978年のオープン以来、県内のみならず大阪・京都・三重など遠方からも多くの方々にお越しいただいております。
“清潔・かわいらしい・楽しめたね”と思っていただけるよう、スタッフ一同頑張ってまいります。

画像:スタッフの写真

(2代目代表)森本芳彦

郡山シニア(結成2年目で関西連盟秋季大会準優勝)から大阪・上宮高校へ進学。
ポジションは投手。
チームは入学した年に甲子園出場しベスト4進出。
自身も高校3年春に第55回選抜高等学校野球大会に出場。
興南高校(沖縄)に勝利するも、明徳義塾高校(高知)に惜敗。
大学は東都大学連盟の青山学院大学に進学し活躍。
サラリーマン生活を経て、現在に至る。

(初代代表)森本達幸

郡山高校時代からサウスポー投手として活躍。
関西大学では阪急ブレーブスの上田利治元監督とバッテリーを組み、
日本一を達成する。
京都大丸での社会人野球でも活躍。その後、1962年〜2009年(夏)まで
母校の奈良県立郡山高校野球部監督を務める。
その間、甲子園出場を11回(春6回・夏5回)果たす。最高成績はベスト4。

画像:選手にコーチングする森本達幸
奈良県立郡山高等学校野球部監督時代 甲子園での1ショット
画像:試合の解説をする森本達幸
平成21年 第81回センバツにて早稲田実業学校-天理高校 戦を解説
画像:森本達幸・森本芳彦
初代看板娘(?)を加えた3人でパチリ
画像:森本芳彦のピッチング
甲子園で投げる2代目
画像:上宮高校 野球部 集合写真
高3夏のメンバーでパチリ